黒毛和牛牝牛を育てる

  • 温度調節された個室で生活し、決まった時間に特製のご飯を食べる。
  • 気晴らしに散歩をし、体も洗ってもらう。
  • マッサージを受け、ビールを飲む

これ、ホテルのサービスじゃないですよ。 牛の飼育方法です。

でも、ただの牛ではありません。
あの 「松阪牛」 の飼育方法のごく一部です。

愛情と伝統の結晶

夏の暑い日は、扇風機や牛舎の屋根への散水で、室温が管理されています。
牛のエサは各農家さん秘伝の特製レシピで、その個体にあったものを与えます。食欲のないときは、 ビール を飲ませて、食欲を増進‼
牛のストレスを減らすために、散歩やマッサージ・ブラッシング・洗体などを行い、常に清潔で健康に育てます。 その期間なんと 900日以上。

どれも牛の健康を保つための、農家さんの工夫と愛情がこもった飼育方法です。
これだけ愛情と時間をかけて育てた牛が 美味くないワケがない! しかも、松阪牛は 「牝牛」 のみです。

黒毛和牛牝牛は美味しい

なぜ牝牛のみなのか?
それは雄(去勢)より美味しいからです。
非常に柔らかい肉質と、不飽和脂肪酸が牝牛の脂肪に多く含まれるため、食べた瞬間、柔らかい肉から上質な脂が溢れ出します。

愛情と伝統がこもった牝牛。1度食べてみる価値アリです‼

牝牛の魅力について詳しくはこちら↓

 

 


僕たちは、YouTube チャンネル 奥さんの味方の焼肉屋 にて、焼肉屋のサイドメニューのレシピや、黒毛和牛ことを発信しております。 是非もっともっとお肉のことを詳しく知りたい方は、チャンネル登録を以下より、是非お願いいたします!

Leave a comment

Comments will be displayed as soon as they are approved.

関連記事

旨味と甘味のいいとこ取り!今1番お取り寄せして食べたい部位「トモサンカク」
旨味と甘味のいいとこ取り!今1番お取り寄せして食べたい部位「トモサンカク」
とろけるようなお肉が食べたい。それでいて肉の旨味が味わえる部位が欲しい。はい、こんな疑問にお答えしていきたいと思います🙋 この記事の内容 トモサンカクとは トモサンカクの美味しい食べ方 捌き...
Read More
生レバーはどうして食べられなくなったのか
生レバーはどうして食べられなくなったのか
昔は生レバーが大好きで、焼肉屋に行くと毎回食べていた。最近は生レバーが食べられなくなって残念だけど、もっとレバーについて詳しく知りたい。はい、こんな疑問にお答えしていきたいと思います🙋 この記事...
Read More
今さら聞けない。ランプとイチボってどこ?
今さら聞けない。ランプとイチボってどこ?
焼肉屋さんでランプとイチボって見かけるけど、どういう部位かイマイチわからない。今更お店の人に聞けない!はい、こんな疑問にお答えしていきたいと思います🙋 この記事の内容 ランプ・イチボとは? ...
Read More
lineでお友達追加