生レバーはどうして食べられなくなったのか

昔は生レバーが大好きで、焼肉屋に行くと毎回食べていた。最近は生レバーが食べられなくなって残念だけど、もっとレバーについて詳しく知りたい。
はい、こんな疑問にお答えしていきたいと思います🙋

この記事の内容

  • レバーとは?栄養素など
  • レバーにまつわる規制
  • レバーの食べ方
  • まとめ

レバーとは?

はい、まずはレバーについて少し解説したいと思います。
よくご存知の方もいらっしゃると思いますが、お付き合いください。

レバーは牛の肝臓です。柔らかい肉質と、濃厚な味わいが魅力の部位です。
また、多くの栄養素を含み、健康食としても人気です。貧血を予防する鉄分や動脈硬化を防ぐ働きのあるビタミンB2、免疫力を高めるビタミンAが多く含まれています。

レバーは食事に上手に取り入れることで、効率的に栄養素を摂取することができます。

 

ちょっとだけ宣伝!

当店のお肉はすべて、「黒毛和牛 A5ランク 牝牛」です。タンやハラミの内蔵部類のお肉も、55年のベテラン目利き(私の義父)が厳選した、なかなか手に入れることのできない、黒毛和牛の上質なお肉を仕入れております。

当店ではブランド名やランクよりも、「牝牛」であることにこだわりを持っております。 何故、牝牛か?

それは、旨味と甘みが強く、舌触りも柔らかい。つまり美味しいからです。

牝牛の魅力については下記をご覧いただきたいです。

 

 

本題に戻ります!

 

レバーにまつわる規制

以前は、生レバーが好きで焼肉屋さんでよく食べていた方も多くいると思います。しかし、現在では生レバーを食べることはできません。

2011年、とある焼肉屋さんで食中毒事件が起きました。このお店の生食メニューを食べたことが食中毒の原因と見られています。この事件を受け、2011年に行われた大規模な細菌検査の結果、レバ刺し用のレバーから「腸管出血性大腸菌(O157)」が検出されました。

この結果を受けて2012年7月から食品衛生法に基づき、飲食店での生レバーの販売・提供が禁止されました。

   

レバーの食べ方

生レバーを食べられるお店はもうありません。
しかし、焼きのレバーであれば、定番のメニューとして食べることができます。

安全に美味しいレバーを食べるために、しっかり焼いて食べましょう!

レバーはじっくり焼くべし
レバーはしっかりと中まで火を通す必要がありますが、焼き過ぎてしまうとパサパサになり、レバーの美味しさを損なってしまします。
網の火が弱いところに置き、焼いている面の色が変わったらひっくり返して、さらにじっくりと焼きます。全体の面にしっかりと焼き目がついたら食べ頃です。

 55年のベテラン目利きが厳選した、黒毛和牛の新鮮なレバーを捌いてみましたのでご覧ください↓

是非チャンネル登録お願いいたします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はレバーについて解説しました。

  • 栄養豊富な肝臓
  • 2012年から生レバーの販売・提供は禁止
  • レバーはじっくり中まで火を通す

最後まで読んでいただきありがとうございました!

テイクアウト販売

特選黒毛和牛牝専門 焼肉Uでは、黒毛和牛牝牛のお肉をご自宅で堪能していただけます。オンラインショップで事前決済し、ご希望の時間に店頭でお受け取りができます

厳選された黒毛和牛牝牛をぜひお召し上がりください。

 ご購入はこちらから↓


僕たちは、YouTube チャンネル 奥さんの味方の焼肉屋 にて、焼肉屋のサイドメニューのレシピや、黒毛和牛ことを発信しております。 是非もっともっとお肉のことを詳しく知りたい方は、チャンネル登録を以下より、是非お願いいたします!

Leave a comment

Comments will be displayed as soon as they are approved.

関連記事

鶏肉や豚肉と比べて、牛肉の値段が高いワケ。
鶏肉や豚肉と比べて、牛肉の値段が高いワケ。
 スーパーや精肉店にはたくさんの種類のお肉が並んでいますが、鶏肉や豚肉に比べて、牛肉の値段が高いのはなぜだろう? こんな疑問にお答えしていきたいと思います。 この記事の内容 牛肉が高いのは...
Read More
本当に美味しいタンとは?
本当に美味しいタンとは?
タンといっても、焼肉屋さんによって値段も量が全然異なりますが、何が違うのでしょうか?高ければ美味しいのでしょうか?本当にいいタンとはなんでしょうか?   はい、こんな疑問にお答えしていきたいと...
Read More
大人にオススメしたい焼肉の部位!
大人にオススメしたい焼肉の部位!
焼肉屋さんでお肉を食べたいけど、カルビとか脂っぽい部位ばかりだと、胃もたれしちゃう。さっぱりと食べられるお肉はないかなぁ。   さっぱりと食べられて、肉々しさも味わえる部位。 あります!   ...
Read More
lineでお友達追加