A5ランクとは?

 

A5ランクと聞くと、とにかく一番いい牛肉!という印象を持つと思います。

しかし、このランク付けについて、ご存知ですか?

今回はこのランクについて詳しく解説していきたいと思います。

 

 

ランクについて

牛肉には、

  • A5
  • A4
  • B5

などのランクがあります。ご存知の通り、一般的には「A5」ランクが一番良いお肉だと言われています。

しかしながら、このランクは、あくまで

味の評価ではなく、見た目の評価なのです。

この見た目は、美味しであろう見た目の評価なのです。

このランクは、「アルファベット+数字」表記となっています。

アルファベットの部分は歩留(ぶどまり)等級といい、これは「その牛からどのくらい商品となる牛肉が取れるのか」を評価したランクです。

数字の部分は肉質等級といい、これは「牛肉の色沢」「牛肉の締まりときめ」「脂肪の色沢と質」「脂肪交雑(脂肪の入り具合)」の4つを総合的に評価したランクです。

5 A5 B5 C5
4 A4 B4 C4
3 A3 B3 C3
2 A2 B2 C2
1 A1 B1 C1


つまり、A5とは歩留まりがよく、脂肪の色沢と質、牛肉の色沢や締まり、きめが良く、脂肪が多く細かいということになります。

 

 

このランクはあくまで規格に基づく

これらのランク付けは、味わって決定するものでなく、美味しいであろうという規格が決まっており、 それを元に判断されます。理屈では美味しいはずですが、あくまで規格です。

つまり、見た目でランクはつけることは可能ですが、同じA5でも産地や本質的な良し悪しで、味わいが全く異なるのです。

ただし、ベテランの目利きであれば、ランクに関係なく、見た目で「本当に美味しいものかどうか」の判断が可能なのです。 時には、A5ランクとつけれたものよりも、とあるA4ランクのもののほうが味がいいと判断することだってあります。

 

 

行き着くところは牝

ベテラン目利き達の美味しい条件を追求していくと、それは、牝牛なのです。

本当にいいものを仕入れるとなると、絶対に牝牛となるそうです。理由は、シンプルに美味しいからです。

しかし、黒毛和牛の牝牛となると、ほぼA5ランクかA4ランクであることが多いようです。

こちらの記事でも詳しく掲載しています。

 

ブランド牛

日本各地にブランド牛が存在しますが、ブランド牛の中には、牝牛のみとしているブランドもあります。

つまり、最上級である条件には、必ず「牝牛」が入ります。

 

 

まとめ

A5等のランクは、見た目による、規格に基づくランクの事で、味のランクではない

アルファベットは、歩留まり(肉の取れる量)

数字は、「牛肉の色沢」「牛肉の締まりときめ」「脂肪の色沢と質」「脂肪交雑(脂肪の入り具合)」の4つの総合的に評価

本当に美味しいお肉を見た目で判断することができるのは、肉のことを熟知したベテラン目利きのみ

行き着くところは牝牛

牝牛と書いてある焼肉屋さんなどを見つけたら是非、いってみて下さいね。

 

 

 

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

関連記事

大人にオススメしたい焼肉の部位!
大人にオススメしたい焼肉の部位!
焼肉屋さんでお肉を食べたいけど、カルビとか脂っぽい部位ばかりだと、胃もたれしちゃう。さっぱりと食べられるお肉はないかなぁ。   さっぱりと食べられて、肉々しさも味わえる部位。 あります!   ...
Read More
知っておくべき!カルビとロースの本当の違い 部位で解説
知っておくべき!カルビとロースの本当の違い 部位で解説
焼肉屋さんへ行くと、定番なのが「カルビ」と「ロース」だけど、お店によって部位が違う気します。これらの定義ってなんだろう?   はい、こんな疑問にお答えしていきたいと思います。 この記事の内容...
Read More
知らないと損!去勢牛(オス牛)よりもメス牛の方が美味しい
知らないと損!去勢牛(オス牛)よりもメス牛の方が美味しい
「黒毛和牛」や「A5」、「神戸牛」「松坂牛」...などを聞くと、「美味しい良いお肉」ってイメージするけど、最近、「メス牛」が美味しいって聞きました!美味しいのにメス牛がそんなに知られていないのは...
Read More