鶏肉や豚肉と比べて、牛肉の値段が高いワケ。

 スーパーや精肉店にはたくさんの種類のお肉が並んでいますが、鶏肉や豚肉に比べて、牛肉の値段が高いのはなぜだろう?

こんな疑問にお答えしていきたいと思います。

この記事の内容

  • 牛肉が高いのはなぜか
  • 鶏肉や豚肉との差はどうして生まれるのか

牛・豚・鶏で飼育する期間に違い

牛・豚・鶏の中で、一番体の小さい鶏は、
若鶏であれば生まれてから40日程度で出荷を迎えます。
次に体の小さい豚は約6ヶ月ほどで、出荷時期になります。
対する牛は出荷するまでに2年以上もかかるんです。

  • 鶏肉は40日
  • 豚肉は6ヶ月
  • 牛肉は2年以上


出荷時期の違いが、どうして値段の違いにつながるのか解説したいと思いますが、、、

その前にちょっと宣伝

当店のお肉はすべて、「黒毛和牛 A5ランク 牝牛」です。

当店ではブランド名やランクよりも、「牝牛」であることにこだわりを持っております。 何故、牝牛か?

それは、旨味と甘みが強く、舌触りも柔らかい。つまり美味しいからです。

牝牛の魅力については下記をご覧いただきたいです。

 

エサ代と人件費

お肉の値段に直結する最も大きい要因は二つ

  • エサ代
  • 人件費


簡単な話ですが、飼育する期間が長いほど、多くのエサを与えて、長い間人の手で世話をしなければなりません。エサ代と人件費を使えば使うほど、お肉の値段は高くなるのです。

先程も述べたとおり、鶏は40日、豚は6ヶ月、牛は2年。

この飼育期間に応じて、値段が高くなります。

牛・豚・鶏の値段の違いの最大の要因は飼育期間の長さによる、餌代と人件費


ブランド牛はもっと高い

神戸ビーフ、松阪牛、近江牛、米沢牛などのブランド牛は、より上質な肉質に育てるため各農家でこだわったエサや、牛を個室で飼育したり、ビールを飲ませたりと、牛にストレスの少ないより良い環境で、手塩にかけて育てられます。

当然、飼育時間や、エサ代、人件費、設備費用などがかかるため、それに比例して値段も高くなるのです。

ブランドや黒毛和牛や牛のランクなど、詳しい話はこちら↓

 

飼育効率

また、牛・豚・鶏では、一度に生まれる子供の数も違います。

鶏は年間で約300個ほどのたまごを生みます。豚は1度の出産で10頭の子を生み、年間で2〜3回の分娩が可能です。

牛は乳牛で280日、黒毛和種は285日位で分娩します。1度の出産では1頭しか出産しません。

鶏や豚は、短い期間で育てる事ができ、さらに1年間でたくさんの子を生むことができます。つまり、短期間でたくさん出荷することができる。

対する牛は、1年間では、1頭を生むことが限界です。その1頭を出荷するまでには、2年以上の時間がかかるため、その分エサ代や人件費などがかかってきます。

  • 鶏は1日1匹、年間300
  • 豚は1度で10頭、年間20〜30頭
  • 牛は1度で1頭、280日で1回

 

牛の過食部分

牛肉が高い最後の理由は、その過食部の少なさにあります。

1頭の牛の総重量は約500kg〜600kgほど。

重ければ、重いほど、食べられる部分が多いように感じますが、牛はその 半分が骨とスジ なんです。

その骨とスジを取り除いて、スーパーや精肉店に並ぶことができるのが、約200kg〜300kgです。

大量のエサと人件費をかけて大きく成長する牛は、骨もスジも大きく、食べられる部分は全体の約半分になってしまいます。

  • 牛の総重量の半分は骨とスジ
  • 過食部分は200kg〜300kg

 

まとめ

手間暇がかかる分、美味しい牛肉になる

鶏肉や豚肉に比べて、牛肉の値段が高いのは農家さんの牛に対する 愛情の証 なのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

牛肉が高くなる要因

  • 飼育期間の長さによるエサ代と人件費
  • 低い飼育効率
  • 過食部分は総重量の約半分

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

関連記事

黒毛和牛 牛タン 特上 下処理
黒毛和牛 牛タン 特上 下処理
この投稿をInstagramで見る 特選黒毛和牛牝専門 焼肉 u(@yakiniku_u)がシェアした投稿    単一本から提供しているメニュー...
Read More
牛肉はメスかオスかを意識する。
牛肉はメスかオスかを意識する。
皆さんが牛肉を選ぶときに産地やブランド、ランクなどを気にすると思います。それ以外にもお肉の 美味しさを判断する基準 があるのをご存知でしょうか?それは 牝牛(めすうし)かどうかです! 選んだお肉...
Read More
黒毛和牛牝牛を育てる
黒毛和牛牝牛を育てる
温度調節された個室で生活し、決まった時間に特製のご飯を食べる。 気晴らしに散歩をし、体も洗ってもらう。 マッサージを受け、ビールを飲む。 これ、ホテルのサービスじゃないですよ。 牛の飼育方法...
Read More